Back to the top

朝鮮唐津

鉄分の多い鉄釉(黒釉または飴釉(あめゆう)と藁灰釉二種の釉薬を使い、を上下・左右にかけ分けて焼いたものを指します。鉄釉の黒と藁灰釉の白の美しいコントラスト、境界に生まれる青や紫、黄色などの繊細な色や流れ落ちる多彩な表情が特徴的です。

© Gallery陶晃 All Rights Reserved.
Supported by