Back to the top

粉引

鉄分の多い素地の上に白泥(カオリン質の白土)を化粧がけし、その上に透明釉をかけて焼いたものを、粉引といいます。陶土に磁器質の土をぬるので、土と白泥では乾燥時、焼成時に収縮率が違い、融点も違うので、その上に釉をかけても土と石粉の間に隙間ができ、はがれ落ちたり、その間に水分などが入り込んで染みになったりします。素地の土も白土も吸水性があるので、特に水じみは起こりやすく、乾くと消えることが多いのですが、染みたものによってはそのまま残ってしまいます。古くから茶人たちの間で「雨もり」として愛玩されてきたものはこれに相当します。

© Gallery陶晃 All Rights Reserved.
Supported by