Back to the top

斑唐津

藁灰(わらばい)などの珪酸質の灰に長石を混ぜた藁灰釉を施釉し、唐津焼の中でもとりわけ高温で焼成します。粘土中の鉄分が溶け出したり窯を焚く燃料である松の灰がかかり、乳白色の表面に青や黒の斑点がぽつぽつと現れることから斑唐津と呼ばれています。失透白濁する釉色となるので別名「白唐津」とも呼ばれています。唐津焼発祥の地とされる岸岳周辺の窯で16世紀に焼き始められたと推測されています。茶碗やぐい呑に多く用いられています。。

© Gallery陶晃 All Rights Reserved.
Supported by