Back to the top

ブログ

3月12日 三里窯 窯出し 2

三里窯 窯焚き 浜本洋好 窯出し 先ずは窯からだしてしまう
支柱を立て幾段にも積み上げた棚板を一枚一枚外しながら窯出しが進む
先ずは出してしまうというのが浜本流
三里窯 窯焚き 浜本洋好 窯出し 黒唐津
窯から出され陽を浴びる器
結晶系の釉薬が掛けられた黒唐津、玉虫色のひかりが美しい
三里窯 窯焚き 浜本洋好 窯出し 湯呑 鉢 ぐい呑 皿
平成31年3月12日12時
順調に温度も上がった今回の窯焚き
失敗を恐れず火をコントロールする熟練陶工の冴える勘と巧みな技から生まれる器

三里窯 窯焚き二日目

三里窯 焚き口から噴き出す炎
薪の投入により火が噴きだす。
還元炎で焚口の周りは真っ黒、煙突からも黒煙が立ち上る。
浜本洋好 81歳 ラグビーで鍛えた体
すこぶる順調に窯焚きがすすむ。
浜本洋好 窯焚き 三軒目開始
平成31年3月10日12:30
三軒目の窓を開く。
熱で赤く燃える焚口の窓に差していたレンガ。
浜本洋好 窯焚き終了 脱力
平成31年3月10日15:00
ほぼ丸一日に亘る窯焚きが終了。
約2日間自然に窯が冷めるのを待つ。
窯出しは12日。
© Gallery陶晃 All Rights Reserved.
Supported by