Back to the top

唐津焼の種類

斑唐津

藁灰(わらばい)などを混ぜた釉薬を用いたやきもので乳白色の器肌ですが、生地土の鉄分や窯を焚く燃料である松などの影響により、青や黒の班点が現れることや、粒子の荒い素地の凹凸と釉薬の厚薄で、斑(まだら)になったかのように見えることから斑唐津と呼ばれています。

絵唐津

比較的鉄分の少ない薄茶色の素地に、鉄絵具(てつえのぐ)で文様を描き、土灰釉や長石釉などの透明釉をかけて焼いたものをいいます。
文様には、植物・動物文や、線文・幾何学文などがあります。

朝鮮唐津

鉄分の多い黒釉や飴釉(あめゆう)と、斑唐津にも用いられる白濁釉を上下、左右に掛け分けたりしたものをいいます。
釉薬が高温で溶けガラス化し、重なり合った黒の部分と白の部分が混ざり合い、境界に生まれる青や紫や黄色などの絶妙な色と流れ具合の変化が特徴です。

粉引

鉄分の多い素地に白泥(泥状の磁土)を化粧がけし、さらに透明釉をかけて焼成したものです。
暖かみのある柔らかい風合の白色の器肌ですが、水分や油が入り込みやすいという性質もあります。

※上記以外にも無地唐津、黒唐津、黄唐津、青唐津、三島唐津などがあります。

© Gallery陶晃 All Rights Reserved.
Supported by